ナンパテクニック&トーク術プログラム
ナンパの無料マニュアル


読みたいあなたはこちらからどうぞ

ナンパ

ハメ撮り

ハメ撮りとは、性交を行いながら撮影機材を持って写真あるいは動画を撮る事です。

サンジさんやのんきんたまなども昔、ナンパした女の子の裸のハメ撮りを撮影していました。

ハメ撮りはアダルトビデオの撮影の手法の一つにもなっています。

はめどり、ハメドリ、はめ撮りとも表記されています(ハメは男性器を女性器にハメる事で性交するという意味)。

ハメ撮りは通常は男性が撮影する側が多いが、女性が撮影する事も可能です。


ハメ撮りとは性行為を当事者のみで撮影したものを指す。第三者が介在しないため、独特の濃密な表現ができます。

現在は、「ハメ撮り」の意味は多様化してきており、手に持っての撮影以外(固定カメラ等)でもハメ撮りと呼ばれることに疑義はないです。

以上より「ハメてる人間が撮る」程度の解釈でいいと思われいます。

携帯できる撮影機材の出現以降、ハメ撮りが可能になったのです。

以前から秘かに行われていたと考えられるが、写真界で公表したのは荒木経惟が新婚旅行での妻との行為を写した『センチメンタルな旅』(私家版、1971年)が嚆矢です。

1980年代に、素人女性を路上などで口説いてハメ撮りを行い、投稿雑誌に投稿するという形式のカメラマン(プロ・アマ)が登場し、一つのブームになった。今日では、カメラ付き携帯電話も普及しており、恋人同士などが好奇心で秘かに撮影する事も容易になってきています。

そして、今はストリートナンパをするナンパ師がナンパの画像やナンパの動画などのハメ撮りを撮影したりしています。

携帯カメラにデジカメがついており、画像や動画を簡単に撮影できるからそういった人が増えたのでしょう。

またAVにもあります。

ポルノ又はアダルトビデオでは1980年代後半から一部で試みられていたが、当初は機材も重く撮影者が苦労を強いられる上、手ブレ、視界が限られるなどの理由であまり評判は良くなかったのです。

機材が軽量化した事もあって、1990年代からハメ撮りを行うAV監督が現れました。

ハメ撮りビデオを一つのジャンルに高めたのはカンパニー松尾というAV監督だといわれています。

彼のハメ撮りといわれる作品中のほとんどの場面は固定カメラであり、カメラを置いて撮ってる場面が作品の時間中半分以上を占めています。

このことからも現在の「ハメ撮り」の意味は多様化してきており、手に持っての撮影以外もハメ撮りと呼ばれます。

ちなみに現在のAV界でハメ撮りで有名とされてる実録出版系やジュエル系も多くの場面で三脚固定が利用されています。

これも個人的な趣味から行われる事がある。 現時点では、先述のカンパニー松尾に加え、葵刀樹(オーロラプロジェクト)、工藤澪(実録出版) が「ハメ撮り御三家」といわれています。

三者に共通するのは、ハメ撮りにそれぞれ画期的な手法を発明した点であり、その功績を讃える意味もあるのだろうけどね^^

あなたもナンパした女の子のハメ撮りをしたいのならまずは彼女を作りましょう。
彼女を作る方法はこちらです。

理論だけでなく、実践で使える裏技やテクニックが書かれているマニュアルはこちらです。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法

私のナンパノウハウが凝縮された大人気マニュアルです。

私と一緒に頑張りたい人は是非読んでみてください^^
あなたの決断をお待ちしております。

これからもナンパ師大山のブログ&メルマガの応援宜しくお願いします。

ナンパの裏技ナンパ塾

コメントを投稿

名  前 :
メールアドレス:
U R L:
この情報を登録しますか?
コメント:
(スタイル用のHTMLタグが使えます)