ナンパテクニック&トーク術プログラム

ナンパ師

ナンパ師逮捕

ナンパ師逮捕とは犯罪を犯したナンパ師を逮捕する事です。

有名な逮捕されたナンパ師はサンジさんです。

そのナンパ師逮捕の事に書いた記事がこちらです。

 「おはぽん♪ 一緒にみそ汁でも飲みに行こう!!」などと気さくに声をかけ、女子中学生のわいせつ画像を撮ったとして、警視庁池袋署は13日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで会社役員・石川恭一郎容疑者(29)ら3人を逮捕した。

 調べでは、石川容疑者らは今年8月23日、都内で声を掛けた女子中学生(14)を仲間の自宅に連れ込み、裸にするとデジカメで撮影。パソコンに保存した疑い。また、画像をDVDに記録してネット販売をたくらんでいたとみられる。

 石川容疑者は「サンジ」の名前でテレビ、雑誌に数多く登場するなど、かなり知られた存在。本人も「年間100人以上の女性と新規SEXするナンパのカリスマ」と自負していた。著作では「『ギラツク』=女性にモーションをかける。『即系』=すぐにセックスできそうな女性。『羽目鳥』=ハメ撮り」などと解説。また、ナンパを「NP」、中学生を「C」などと呼んでいたという。

 また、石川容疑者は「ナンパクラブ」を主催。HP上では日記も公開し、過労と睡眠不足で「玉金が腫れてます! 2倍の大きさに!」などとカリスマならではの悩みをつづっていた。さらに、通信販売でグッズも販売。「通信ナンパ講座」はCD、ビデオ1本ずつとテキスト。また、同容疑者が実際にナンパして「即った」始終を録音した「ナンパ初日に女をGETする即CD」などもあった。

 だが、カリスマのまさかの逮捕。同クラブでは10月31日、「急遽(きゅうきょ)ナンパクラブ代表サンジが体調を崩し入院した」として、通信販売や講演などの活動はしばらく行わない方針を発表している。

理由は中学生に手を出した事です。
勘違いをする人もいると思いますので、書いておきますがナンパは犯罪ではありません。
ナンパをしていても逮捕はされないのでどうどうとやりましょう。

ただ、18歳未満の女性に手を出すのは犯罪です。
芸能人でいえば、極楽トンボの山本さんなどもそうですね。

18歳未満に手を出したからサンジさんも逮捕されたのです。

だから絶対に18歳未満には手を出さないでくださいね^^

18歳未満に手を出さす、無理セックスしたり、女性の嫌がる事は絶対にしないでください。
ナンパは彼女を作ったり、セフレを作ったり、女性の友達を作ったりできる素晴らしい行為です。
他の出会いと違い不細工や童貞でも結果を出す事ができます。

ですが、悪用だけは絶対にしないでくださいね。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法

ナンパの裏技ナンパ塾

カリスマナンパ師サンジ

カリスマナンパ師サンジについてのニュースを紹介します。

カリスマナンパ師サンジ、女子中学生の裸撮影で逮捕

「おはぽん♪ 一緒にみそ汁でも飲みに行こう!!」などと気さくに声をかけ、女子中学生のわいせつ画像を撮ったとして、警視庁池袋署は13日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで会社役員・石川恭一郎容疑者(29)ら3人を逮捕した。

 調べでは、石川容疑者らは今年8月23日、都内で声を掛けた女子中学生(14)を仲間の自宅に連れ込み、裸にするとデジカメで撮影。パソコンに保存した疑い。また、画像をDVDに記録してネット販売をたくらんでいたとみられる。

 石川容疑者は「サンジ」の名前でテレビ、雑誌に数多く登場するなど、かなり知られた存在。本人も「年間100人以上の女性と新規SEXするナンパのカリスマ」と自負していた。著作では「『ギラツク』=女性にモーションをかける。『即系』=すぐにセックスできそうな女性。『羽目鳥』=ハメ撮り」などと解説。また、ナンパを「NP」、中学生を「C」などと呼んでいたという。

 また、石川容疑者は「ナンパクラブ」を主催。HP上では日記も公開し、過労と睡眠不足で「玉金が腫れてます! 2倍の大きさに!」などとカリスマならではの悩みをつづっていた。さらに、通信販売でグッズも販売。「通信ナンパ講座」はCD、ビデオ1本ずつとテキスト2冊で2万5000円。また、同容疑者が実際にナンパして「即った」始終を録音した「ナンパ初日に女をGETする即CD」(8800円)などもあった。

 だが、カリスマのまさかの逮捕。同クラブでは10月31日、「急遽(きゅうきょ)ナンパクラブ代表サンジが体調を崩し入院した」として、通信販売や講演などの活動はしばらく行わない方針を発表している。

カリスマナンパ師サンジみたいに逮捕されないようにしましょう。
そのためには、18歳未満には手を出さない。

また、強引な方法でセックスしない事です。

普通に女性を口説いてセックスするとは問題ない事ですので、ご安心ください。

女性の同意なしにハメたり、ハメ撮りをネットに無断で掲載したりすると逮捕の可能性が充分にあります。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法

私のナンパノウハウが凝縮された大人気マニュアルです。

私と一緒に頑張りたい人は是非読んでみてください^^
あなたの決断をお待ちしております。

これからもナンパ師大山のブログ&メルマガの応援宜しくお願いします。

ナンパの裏技ナンパ塾

ナンパ師サンジ

ナンパ師サンジとはカリスマナンパ師のサンジさんです。

ナンパ師サンジはストリートナンパの教科書や解放トークCD、講習会、学校など様々な活動を渋谷を拠点に行っておりました。

全国的に有名でほしのあきとも共演しています。

しかし、ナンパ師サンジはあの事件で逮捕されます。

ナンパ師サンジは女子中生わいせつ撮影します。

町で声を掛けて誘った女子中学生のわいせつな画像を撮影したとして、警視庁池袋署は13日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、東京都渋谷区の会社役員の男(29)、東京都豊島区の無職の男(23)ら3人を逮捕したそうです。


会社役員は「サンジ」という名で、「カリスマナンパ師」としてテレビや雑誌などで取り上げられていたといいます。
調べでは、3人は8月23日、都内で声を掛けた女子中学生(14)を無職の男の自宅に連れ込み、デジタルカメラで撮影、画像を会社役員のパソコンに保存した疑いがあります。
同署は会社役員宅から複数のわいせつ画像が保存されたパソコンなどを押収、余罪がないか調べています。

中学生に猥褻な行為をするのは犯罪ですので、絶対に辞めましょう。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法

私のナンパノウハウが凝縮された大人気マニュアルです。

私と一緒に頑張りたい人は是非読んでみてください^^
あなたの決断をお待ちしております。

これからもナンパ師大山のブログ&メルマガの応援宜しくお願いします。

ナンパの裏技ナンパ塾

カリスマナンパ師

カリスマナンパ師とは、凄いナンパ師の事です。

カリスマナンパ師についての記事を紹介します。

カリスマナンパ師逮捕されました。
カリスマナンパ師、女子中学生の裸撮影で逮捕 (スポーツ報知)  
「おはぽん♪ 一緒にみそ汁でも飲みに行こう!!」などと気さくに声をかけ
女子中学生のわいせつ画像を撮ったとして、警視庁池袋署は13日までに
児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで会社役員・石川恭一郎容疑者(29)ら3人を逮捕した

調べでは、石川容疑者らは今年8月23日
都内で声を掛けた女子中学生(14)を仲間の自宅に連れ込み
裸にするとデジカメで撮影、パソコンに保存した疑い。
また、画像をDVDに記録してネット販売をたくらんでいたとみられる

石川容疑者は「サンジ」の名前でテレビ、雑誌に数多く登場するなど、かなり知られた存在
本人も「年間100人以上の女性と新規SEXするナンパのカリスマ」と自負していた

著作では
『ギラツク』=女性にモーションをかける
『即系』=すぐにセックスできそうな女性
『羽目鳥』=ハメ撮り」などと解説
また、ナンパを「NP」、中学生を「C」などと呼んでいたという

また、石川容疑者は「ナンパクラブ」を主催
HP上では日記も公開し、過労と睡眠不足で「玉金が腫れてます! 2倍の大きさに!」
などとカリスマならではの悩みをつづっていた
さらに、通信販売でグッズも販売。「通信ナンパ講座」はCD、ビデオ1本ずつとテキスト2冊で2万5000円
また、同容疑者が実際にナンパして「即った」始終を録音した「ナンパ初日に女をGETする即CD」(8800円)などもあった
だが、カリスマのまさかの逮捕

同クラブでは10月31日、「急遽(きゅうきょ)ナンパクラブ代表サンジが体調を崩し入院した」として
通信販売や講演などの活動はしばらく行わない方針を発表している。


自らを「セックスカウンセラー」と称し、「カリスマナンパ師」とも「ナンパの神様」とも呼ばれた「サンジ」(29)が、ナンパ仲間のT(23)とともに、児童買春・児童ポルノ処罰法違反(児童ポルノ製造)と、東京都青少年健全育成条例違反(淫行)の罪に問われた裁判があった。

平出喜一裁判長は、サンジに懲役1年6カ月、執行猶予4年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。Tは懲役2年6カ月、執行猶予4年(求刑2年6カ月)。両者とも控訴せず、判決が確定した。

ナンパ講座なども開かれているナンパ業界。それぞれが「ナンパの成功」の基準が違っていたりするが、女性への声のかけ方や会話の進め方などを伝授。街頭やネットでの実践講座もする。また、恋愛講座なども開かれる。そうしたナンパ業界の一角を担っていたのがサンジだった。

そのサンジが児童買春・児童ポルノ法違反で逮捕されたというニュースが2006年11月、ナンパ業界を駆け巡っていた。私もサンジを取材したことがあったためもあり、いったいどういうことなのか。サンジは変貌してしまったのか、と思ったほどだった。

というのも、取材などを通じて知っているサンジは、悪質なキャラクターではなく、どちらかといえば、大人しい性格だったからだ。
サンジと検察官では「ナンパ」に対する考えが根本的に違った。検察官は被告人尋問で、サンジへの心証を悪くするかのような、質問を繰り返した。

検察官 サイトでは、「ナンパは解放」としているが……
(注:サイトでは、「セックスは解放」としていた。検察官の間違いか)
サンジ 傷つけてしまいました。
検察官 正しいことは関係ない、とまで書いているが。
サンジ それはあくまでも恋愛に限ってです。自殺未遂をしている子などをナンパしてそう思うようになったんです 
検察官 陽のあたらない若者を救うというのは?
サンジ 救われた人もいる。傷つけた人もいるということは、結果として、良いところしか見ていなかった。 
検察官 救ったことはあったと?
サンジ それは事実です。
検察官 今回のことをサイトで面白おかしくかけば、有名なナンパ師になれますよね? 
サンジ もうしません。

サンジは弁護士とのやり取りで事実をすべて認めている。それ以上の事実は出てこない。心証を悪くするかのような検察官の質問は、情状証人としてサンジの母親が証言したときにも現れている。


■息子を理解する母親

検察官 開設していたナンパサイトを見たことは?
母 親 ありません。
検察官 職業は知っていたんですか?
母 親 ナンパは知っていました。
検察官 あまり一般的な職業ではないですよね?
母 親 法律に違反しないようにしているとは言っていた。
検察官 陽のあたる若者たちを救う、というのはどういうことか?
 
この質問は、検察官の質問の前に、弁護士に「息子さんの仕事を聞いたことがありますか?」などと聞かれて、「ナンパしていることを知っていました。ナンパを通じて、陽の当たらない若者にチャンスを与えていると思っています」と答えていたことに対する疑問を検察官が感じたためだろうと思われる。

母 親 消極的で、女性と話せない若者たちに、講習会を通じて、ナンパをする方法や女性と話をする方法を教えていた。感謝の気持ちも届いていた。
検察官 それを「救っていた」と?
母 親 はい。
検察官 近所の人にも話したことは?
母 親 あります。


■サンジが救ったものは?


サンジさんの著書、『即系物件』(ミリオン出版) (撮影者:渋井哲也) 母親は、サンジがナンパを職業にして、「陽の当たらない若者」たちを救っていることを誇りに思っているようだ。サンジはブログでも、受講生が結婚したことを喜んでいる。またサンジは、家族が崩壊して、自傷行為や自殺願望を持つ女性たちの話をきちんと聞いている。単に、ナンパやセックスしているわけではない。

著書『即系物件』(ミリオン出版)でも、自傷行為をしている女性が、サンジの家で自殺系サイトにアクセスするシーンが出てくる。父親から受けた虐待の話を女性から聞き出している。ナンパ否定の側からみれば、心の弱い女性を利用していると見えるだろう。

たしかに、ナンパには相手を利用する面もなくはない。しかし、そうした女性を切り捨てたとしてもナンパはできる。だから、なぜサンジはそうした女性にまで丁寧に話を聞くのか――が問われなければならない。彼女たちにとっては、サンジは、一時的であっても、癒しの対象だったのだ。

* * *

枕元で彼女たちが俺に話すのは、いつも決まって家族の話だ。
自傷癖のある女の子だけじゃない。家出する少女にしても、援助交際する少女にしたってそうだ。もとをたどればいつも決まって家族の話になる。
人は愛されて、愛することで、自身の存在を確認する。
だけど自傷する彼女たちは漂う。

 (『即系物件』142ページから)

* * *

同書には、サンジがナンパする理由も書かれている。それは「確認」だ。サンジが確認したかったのは、自分が大失恋した後に、ほかの女性を愛せるようになるのか、だった。その手段として、サンジはナンパを始めた。サンジはある意味、ナンパされ女性たちに自分を見ていたのだろう。
 

■ナンパも責める裁判官

そうした「愛せる女性探し」の一端をかいま見たやり取りがある。それは少女との性行為を撮影したあと、自宅兼事務所に帰って編集し、レンタルサーバーに保存したが、画像を公開しなかったことを弁護士に問われたときだった。

弁護士 動画をホームページに載せていませんが、なぜ?
サンジ (自分の)彼女にホームページがバレて、アダルトの画像は削除しました。今は、恋愛相談がメインです。

検察官にも補足質問される。

検察官 サイトで画像を公開しなかったが、好きな女性には言えない?
サンジ その時は言えませんでした。


新宿アルタ前。現在ではホストやキャッチが多くなってしまったが、かつてはナンパスポットの1つ (撮影者:渋井哲也) 自分に好きな女性がいたため、アダルト動画を公開することをためらった。サイトではすでに、アダルト動画は削除され、恋愛などの相談がメインになっていった。サンジにとって、「名刺」のような存在であった「サイト」の内容を変えるほど、「好きな女性」は大切だったのだろう。

この裁判を傍聴していて、私はなぜか不愉快になった。サンジにではなく、検察官、裁判官に対してだった。彼らの質問がサンジに対する嫌がらせに見えたのだ。極めつけは裁判官の質問だ。

母親への質問のときに、

「ナンパを職業とするというのはまっとうじゃないですよね。わかるね、お母さん」

とナンパそのものを否定的にとらえている。また、サンジへの質問のときにも、

「気になるのは、ナンパで人を救っていた、ということなんだよね。そういう発想はどうかな? 救ったというのとは違うんじゃないの?」
 
裁判官は、サンジ受講生やナンパされた女性に話を聞いているわけでもない。裁判官の個人的な印象を述べただけだ。児童ポルノ製造は「説諭」の対象になってもしかたがない。しかし、ナンパまでそう言われるゆえんはない。

公判でナンパを職業とすることはしないと述べたサンジ。判決言い渡しのときは、うなづきながら、じっと聞いていた。納得したのだろうか。受講生やナンパ仲間と思われる若者たちで傍聴席は埋まった。傍聴席に入れない人たちもいた。彼らにはこの裁判はどう見えたのだろう。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法

私のナンパノウハウが凝縮された大人気マニュアルです。

私と一緒に頑張りたい人は是非読んでみてください^^


これからもナンパ師大山のブログ&メルマガの応援宜しくお願いします。

ナンパの裏技ナンパ塾

ナンパ師

ナンパ師っていうのはナンパする人の事です。

ちなみに私もナンパ師です。
日本全国にナンパ師はいますが関東が一番多いと思います。

関東にはとんでもない人数のナンパ師がいます。


そしてナンパ師の中で特にすごい人をすご腕ナンパ師といいます。
サンジさんはカリスマナンパ師とか天才ナンパ師と呼ばれていました。

ちなみに私は不細工ナンパ師として結構有名です。

ナンパ師大山の顔を見た事があるのならわかりますが、すっごい不細工です。

出会いが全くなく、女性にもてなかった不細工な童貞が30日でモデルの彼女を作れたナンパ成功法

ナンパの裏技ナンパ塾

ナンパテクニック&トーク術プログラム